©2024 YUUKI SOUGYOU.

「養生」は塗装工事で最も重要な工程|養生の費用や注意点などを解説

「養生」は塗装工事で最も重要な工程|養生の費用や注意点などを解説 | 塗料

外壁塗装の養生(ようじょう)とは

養生とは、塗料の飛散を防ぎ、建物を保護するために、家屋をビニールシートやメッシュシートで覆う作業のことを指し、外壁塗装を行う際には欠かせない作業工程です。養生の出来が塗装の仕上がりを左右すると言っても過言ではありません。

塗料は液体であるため、塗装する際に周りに飛散しやすく、塗らなくてよい部分まで塗ってしまう可能性があるため、外壁塗装を行う前には、あらかじめ養生を済ませておく必要があります。

外壁塗装の養生が必要な理由

養生とは、塗装の対象ではない部分を保護し、塗料の飛び散りや汚れから守るための作業のことを指します。

1. 塗料飛散防止と周囲の保護

塗装工事中は、塗料が飛び散ってしまうことがあります。養生を行うことで、庭の植物や花壇、隣家などへの塗料の飛散を防ぎ、周囲への迷惑を防ぐことができます。

2. きれいな仕上がりの実現

窓枠などの塗装が不要な部分にテープを貼ることで、塗装とそうでない部分の境目をきれいに仕上げることができます。養生を怠ると、境目が曲がったりガタガタになったりしてしまい、美観を損ねる可能性があります。

3. 居住者の快適性の確保

窓などをビニールで覆う養生は、居住者にとって息苦しさを感じさせることがあります。特に夏場のクーラーが苦手な家庭では、風通しの良い養生方法を採用することで、居住者の快適性を確保することが大切です。

養生の費用相場

外壁塗装工事における養生の費用相場は、一般的に1平方メートルあたり300~500円程度です。30坪の一般的な住宅の場合、養生費用はおおよそ40,000~60,000円ほどが目安となります。

1. 養生費用の計上方法

多くの塗装業者は、見積書に養生費用を別途計上せず、施工費に含めている場合が多いです。ただし、車や植栽などの特別な養生が必要な場合は、別途費用が発生する可能性があります。

2. 事前に要望を伝えることが大切

見積もりを依頼する前に、養生に関する要望を業者に伝えておくことが大切です。

汚したくないものの種類や量によって、養生の範囲や方法が変わり、費用に影響を与える可能性があるためです。

3. 養生は費用をかけてしっかりやる

一部の業者は「養生費用無料」をうたっていますが、実際には必ず費用が発生しています。養生は外壁塗装工事に不可欠な工程であり、施工面積に応じた費用が必要となります。

適切な養生は外壁塗装の仕上がりや安全性に直結するため、費用面だけでなく、業者の養生に対する姿勢や方法も確認しておくことが重要です。見積もりの段階で養生についてしっかりと話し合い、適切な費用で質の高い養生を行ってくれる業者を選ぶようにしましょう。

養生が必要な箇所と期間

窓・ドア周りと植栽

|4~8日間

窓やドア周りは、マスカーと呼ばれるテープ付きビニールシートを使用して養生します。植栽も同様に、大きさに応じて適切な養生材を使用して保護します。

これらの養生は、高圧洗浄後から片付け前までの4~8日間必要です。

エアコン室外機

|約8日間

室外機カバーを使用して、エアコンの室外機を養生します。
カバーは空気の流れを妨げないように設計されているため、工事中もエアコンを使用できます。
室外機の養生期間は、高圧洗浄後から片付け前までの約8日間です。

車両

|約3日間

施主や近隣の車両を保護するために、カーシートを使用します。高圧洗浄日や車両に近い場所を塗装する際に、約3日間の養生が必要です。

玄関・ベランダ・下屋根

|8~9日間

人が通る場所には、滑りにくく破れにくいノンスリップマスカーを使用します。これらの養生は、高圧洗浄後から片付け前までの8~9日間必要です。

塗り分け部分

|約7日間

仕上がりの美しさを確保するために、マスキングテープを使用します。
塗装作業中に随時使用し、使用した当日中に除去されます。

建物全体

|約11日間

足場に取り付けられた飛散防止ネットは、足場の架設から解体までの約11日間、建物全体を養生します。

塗料・資材置き場と通路

|約9日間

ブルーシートを使用して、塗料や資材置き場、通路を養生します。
高圧洗浄後から片付けの時までの約9日間、これらの場所を保護します。

適切な養生は、外壁塗装工事の品質と安全性を確保するために欠かせません。養生箇所と期間を理解し、業者と協力して適切に実施することが大切です。

養生で使用する道具

外壁塗装工事における養生には、目的に応じて様々な道具が使用されます。

養生用ポリシートとマスキングテープ

窓枠の養生に使用される大型のビニールシートと、粘着力の弱いマスキングテープのセット。
窓枠全体をポリシートで覆い、マスキングテープで固定します。

マスカー 養生用ポリシートとマスキングテープの機能が一体化した道具。
貼るだけで養生が完了するため、作業時間を大幅に短縮できます。
ノンスリップマスカー 滑り止め機能付きのマスカー。
施工者の足元の安全を確保するため、玄関周りやベランダなどで使用されます。
ブルーシートと布カバー 足元に敷く養生に使用される大型のシート。
ブルーシートは滑りやすいが、布カバーは滑りにくいという特徴があります。
カーカバーと室外機カバー 車全体を覆うカーカバーには、厚手から薄手までの種類があります。
室外機カバーは、メッシュ機能を持つ特殊タイプとマスカーで作るオリジナルタイプがあります。
布テープ 粘着力が強いため直接使用することはありませんが、長尺のビニールの継ぎ足しや補強に活躍します。
飛散防止ネット 家全体を覆うメッシュシート。通気性を持ちながら、風の影響も考慮されています。
足場の設置と同時に施され、ひもでくくって固定するタイプが主流です。

これらの養生道具を適材適所で使用することで、塗料の飛散防止や周囲の保護、施工者の安全確保など、外壁塗装工事における養生の目的を効果的に達成することができます。

養生の手順

適切な材料選択と手順で丁寧に養生を行うことは、美しい仕上がりにつながります。

1. 窓の養生

  • 窓の大きさに合わせてマスカーを選択し、上と左右にマスカーを貼ります。
  • 下部はガムテープのみで張ることで、ピンと張られた美しい仕上がりになります。
  • 掃き出し窓などの大型窓には、550mmや1100mmのマスカーを使い分けます。

2. バルコニーの養生

  • エアコンの室外機がある場合、使用中は養生シートを上に巻いておきます。
  • 塗装直前に養生シートを下ろし、塗装後すぐに再び上に巻き上げます。
  • 最近は通気性の良い繊維状の室外機専用カバーも活用されています。

3. 湯沸かし器や給湯器の養生

  • 煙突となる部分を塞がないように注意が必要です。
  • ビニールで巻くと熱で溶けてしまうため、アルミホイルを使用することもあります。
  • 作業する瞬間だけ巻き、使用中は外しておきます。

4. その他の注意点

  • 養生シートやマスカーの無駄を減らすために、適切な大きさや使い方を心がけます。
  • お客様の生活に配慮し、エアコンや給湯器などの使用に影響がないように養生します。

養生の注意点

1. 窓の開閉ができない

養生中は窓が開けられなくなるため、換気がしたい場合は事前に業者に相談しましょう。業者と相談することで、ビニールに穴を空けて換気することも可能です。

2. 植物への影響

植物を長期間養生すると、酸素や日照不足により枯れる原因になります。大切な庭木などは、塗料を使う期間の3日程度に養生期間を絞ってもらうことをおすすめします。

3. 不適切な養生によるトラブル

養生が適当だと、塗料の汚れや仕上がりの不満足、工期の延長など、大きなトラブルの原因になります。養生の役割と重要性を理解している業者を選ぶことが大切です。

4. その他の注意点

エアコンの使用制限や洗濯物が外に干せないなど、生活への影響があります。ボイラーの煙突や排気口を塞がないように注意が必要です。

業者との打ち合わせ・相談が重要!

養生に関する問題を防ぐために、業者との打ち合わせや相談が非常に重要です。工事前、工事中、工事後のそれぞれの段階で、以下のような点を確認・相談しましょう。

  • 養生してほしい箇所や期間
  • エアコンの使用や窓の開閉の可否
  • 植物の養生期間
  • 養生材の剥がし忘れや片付け忘れの確認

養生中も快適に過ごせるようにする方法

外壁塗装工事中は、養生のために窓が開けられなくなるなど、生活に影響が出ることがあります。しかし、事前の準備と業者との適切なコミュニケーションにより、養生中も快適に過ごすことができます。以下に、快適に過ごすためのポイントをまとめます。

1. 開閉したい窓やドアは事前に伝えておく

キッチンや浴室の窓など、できるだけ開けたい窓がある場合は、あらかじめ業者に伝えましょう。毎日の作業後に養生を外してもらうことで、窓を開けることが可能になります。

工事を行っていない夜間は、基本的に窓を開けることができます。

2. 養生中もエアコンや換気扇は使用できる

窓を開けられない期間は、エアコンや換気扇の使用が必要になる場合があります。メッシュカバーなどで室外機を覆うことで、外壁塗装中もエアコンや給湯器を使用できます。

エアコンや換気扇を使用したい旨を事前に業者に伝えておくことが大切です。

3. 洗濯物の干し方を工夫する

養生ネットで家全体を覆っている場合、外に洗濯物を干すことができません。室内干しや近隣のコインランドリーを利用するなど、洗濯物の干し方を工夫しましょう。

4. 植物への水やりは業者に依頼する

養生ネットがかかっている期間、植物に十分な日光が当たらない可能性があります。植物の水やりを業者に依頼するなど、枯れないための対策を講じましょう。

外壁塗装工事中も、業者とのコミュニケーションを密にとることで、快適な生活を維持することができます。養生の必要性を理解しつつ、生活への影響を最小限に抑えるための方法を、業者と一緒に考えることが大切です。

この記事を書いた人

「養生」は塗装工事で最も重要な工程|養生の費用や注意点などを解説 | 塗料

結城 伸太郎

職歴:27年

得意分野:防水工事・外構工事・大規模改修管理業務

保有資格:1級建築施工管理技士、1級建築塗装技能士、1級ポリマーセメント防水、1級改質アスファルト防水、外壁1級仕上げ技能者、防水登録基幹技能者、外壁仕上基幹技能者、国際ライセンス サーモグラファーレベル1、監理技術者、職長安全衛生教育、他

関連記事

Contact

Contact

無料相談・現場調査フォーム

施工エリア

仙台市を中心にその他のエリアも施工対応!

東北6県(青森県、岩手県、宮城県、秋田県、山形県、福島県)
および首都圏(千葉県、神奈川県、埼玉県、東京都)

施工エリア