©2024 YUUKI SOUGYOU.

マンション大規模修工事の”落とし穴”?事前に確認するべきトラブルについて解説!

マンションに必要不可欠な「大規模修繕工事」とは?

大規模修繕工事は、マンションの長寿命化と資産価値の維持向上を目的とした重要な取り組みです。通常12〜15年ごとに行われるこの工事は、建物全体に足場を組み、数ヶ月かけて実施されます。

主な目的は、建物の寿命延長、資産価値の維持・向上、そして居住者の快適性と安全性の確保です。具体的な工事内容は多岐にわたり、外壁塗装やタイルの補修、防水工事、鉄部の塗装、給排水管の更新、共用部分の設備更新などが含まれます。

これらの作業により、マンションの経年劣化に伴う建物や設備の劣化を防ぎ、住環境の質を保つことができます。大規模修繕工事は、マンションを長く快適に使い続けるための必要不可欠な投資と言えるでしょう。

居住者の皆さまにとって、この工事は一時的な不便を伴うかもしれませんが、長期的にはマンションの価値を守り、快適な住まいを維持するための重要な取り組みです。計画的に実施することで、将来にわたって安心して暮らせる住環境を確保できるのです。

要注意!大規模修繕工事では”トラブル”が起こりがち?

大規模修繕工事はマンションの価値と居住性を維持するために欠かせませんが、同時に様々なトラブルが発生しやすい側面があります。まず、区分所有者間で工事の必要性や費用負担について意見の相違が生じやすく、合意形成に時間がかかることがあります。また、多額の費用が必要となるため、修繕積立金の不足や予想外の追加工事により、区分所有者間で争いが生じる可能性もあります。

工事中は騒音や振動、粉塵などにより居住環境が悪化し、特に在宅勤務者や高齢者、小さな子供がいる家庭に負担がかかります。さらに、天候不順や資材調達の問題、予期せぬ建物の劣化状況により工期が延長されることもあり、居住者の生活に長期的な影響を与える可能性があります。

不適切な施工や低品質な材料の使用により、工事完了後に新たな問題が発生するケースもあり、将来的に追加の修繕費用が必要となる可能性もあります。加えて、関係者間のコミュニケーション不足により、工事の進捗状況や変更点が適切に共有されないことで誤解や不満を招くこともあります。最後に、工事に伴う騒音や交通障害により、近隣住民とのトラブルが発生する可能性もあります。

これらのトラブルを最小限に抑えるためには、事前の十分な計画と情報共有、専門家の適切なアドバイス、そして居住者間の協力が不可欠です。また、工事中は柔軟な対応と定期的なコミュニケーションを心がけることが重要です。大規模修繕工事は確かに課題の多いプロセスですが、適切に実施することでマンションの価値と居住環境を大きく向上させることができます。

居住者の協力が必須!よくあるトラブル「6つ」

1. 足場組立に「エアコン室外機」の一時移設が必要な場合がある

大規模修繕工事では、外壁塗装や防水作業のために足場を組む必要があります。その際、ベランダに設置されているエアコンの室外機が工事の妨げになることがよくあります。工事期間中は室外機の一時的な移設が必要となりますが、これには予想以上の手間とコストがかかる可能性があります。移設作業自体の費用だけでなく、保管場所の確保や電気工事などの追加費用も発生するかもしれません。さらに、移設によってエアコンの効きが悪くなるなどの問題が起こる可能性もあるため、事前の十分な説明と対策が欠かせません。居住者の理解と協力を得るためにも、これらの潜在的な問題点を早めに共有し、適切な対応策を講じることが重要です。

「エアコン室外機のトラブル」について、入居者目線・施工側目線に分けて詳しく解説していますので、下記記事もあわせてご覧ください!

関連記事:「トラブル エアコン室外機」

2. いつも通りに「ベランダ」が使用できない

大規模修繕工事を滞りなく進めるためには、ベランダの片付けが不可欠です。しかし、これが思わぬトラブルの種になることがあります。長年使用していない物や大型の家具などが置かれていることも多く、居住者の協力が得られないケースが少なくありません。また、植物や洗濯物干し場の移動など、日常生活に直接影響が出ることへの不満も生じやすいものです。

このようなトラブルを避けるためには、工事の必要性と片付けの重要性について、事前に丁寧な説明を行うことが大切です。居住者一人ひとりの理解と協力を得ることが、工事をスムーズに進める鍵となります。必要に応じて、一時的な収納スペースの提供など、居住者の負担を軽減する対策も検討しましょう。

「ベランダのトラブル」について、入居者目線・施工側目線に分けて詳しく解説していますので、下記記事もあわせてご覧ください!

関連記事:「トラブル ベランダ」

3. 「工事廃棄物」の管理不足で、場所や悪臭などの問題が発生

大規模修繕工事では、古い外壁材や防水材、足場材など、大量の廃棄物が発生します。これらの廃棄物の適切な処理と管理が、意外と大きな課題となることがあります。分別が不十分だったり、一時的な保管場所の確保ができないと、マンションの美観を損ねたり、悪臭や衛生面での問題が発生する可能性があります。また、居住者の日常的なゴミ出しにも影響が出かねません。

これらのトラブルを防ぐためには、工事業者と管理組合が連携して、適切なゴミ処理計画を立てることが重要です。リサイクル可能な材料の分別や、効率的な廃棄物の搬出スケジュールの策定など、環境に配慮しつつコストを抑える工夫が求められます。

「ゴミのトラブル」について、入居者目線・施工側目線に分けて詳しく解説していますので、下記記事もあわせてご覧ください!

関連記事:「トラブル ゴミ」

4. 「騒音」で居住者の生活リズムに支障が出る

大規模修繕工事中は、避けられない騒音が発生します。足場の組み立てや解体、外壁の高圧洗浄、塗装作業など、様々な作業に伴う音が、居住者にとって大きなストレスとなる可能性があります。特に、在宅勤務や育児中の家庭、高齢者などにとっては深刻な問題となりかねません。

このようなトラブルを最小限に抑えるためには、工事の時間帯や騒音の大きさについて事前に十分な説明を行い、可能な限り居住者の生活リズムに配慮した工程を組むことが重要です。また、一時的な代替住居の提供や、騒音の少ない共用スペースの確保など、居住者への配慮も検討する必要があります。工事業者と管理組合が協力して、きめ細かな対応を心がけることが大切です。

「騒音トラブル」について、入居者目線・施工側目線に分けて詳しく解説していますので、下記記事もあわせてご覧ください!

関連記事:「トラブル 騒音」

5. マンション「景観」の変更に合意が得られない

大規模修繕工事では、外壁の色や素材が変更されることがあります。これにより、マンションの外観が大きく変わる可能性があり、居住者の中には不安や不満を感じる人もいるでしょう。長年慣れ親しんだ景観が変わることへの抵抗感や、個人の好みと合わない色彩への不満が生じることは珍しくありません。また、工事中は室内からの眺望が足場によって一時的に遮られることへの不満も予想されます。

このようなトラブルを避けるためには、事前に複数のデザイン案を提示し、居住者の意見を積極的に取り入れるなど、丁寧な合意形成のプロセスを踏むことが重要です。専門家のアドバイスを交えながら、居住者全体で議論を重ね、より多くの人が納得できる選択をすることが大切です。

「景観トラブル」について、入居者目線・施工側目線に分けて詳しく解説していますので、下記記事もあわせてご覧ください!

関連記事:「トラブル 景観」

6. 「近隣」にも騒音や粉塵、日照などの影響

大規模修繕工事は、マンションの居住者だけでなく、周辺住民にも少なからず影響を与えます。工事車両の出入りによる交通障害、騒音や粉塵の飛散、日照や電波障害など、様々な問題が発生する可能性があります。

これらのトラブルを未然に防ぐためには、工事の概要や期間、予想される影響などについて、事前に丁寧な説明を行い、近隣住民の理解と協力を得ることが不可欠です。また、工事中も定期的にコミュニケーションを取り、苦情や要望に迅速に対応することで、良好な関係を維持することができます。近隣住民への配慮は、工事の円滑な進行だけでなく、マンションの評判や資産価値にも影響を与える重要な要素です。管理組合と工事業者が協力して、きめ細かな対応を心がけましょう。

「近隣トラブル」について、入居者目線・施工側目線に分けて詳しく解説していますので、下記記事もあわせてご覧ください!

関連記事:「トラブル 近隣」

まとめ

大規模修繕工事は、マンションの価値を維持・向上させるために不可欠な取り組みですが、同時に多くのトラブルが発生する可能性があります。これらのトラブルを最小限に抑えるためには、事前の十分な準備と情報共有、居住者間の協力、そして専門家のアドバイスが重要です。

工事中は、居住者の生活に配慮しつつ、柔軟な対応と定期的なコミュニケーションを心がけることが大切です。また、近隣住民への配慮も忘れてはいけません。適切に計画され、実施された大規模修繕工事は、マンションの価値と居住環境を大きく向上させる重要な投資となります。トラブルを恐れるのではなく、それらを適切に管理し、乗り越えていくことで、より快適で安全な住まいを実現できるのです。

この記事を書いた人

マンション大規模修工事の”落とし穴”?事前に確認するべきトラブルについて解説! | 大規模修繕

結城 伸太郎

職歴:27年

得意分野:防水工事・外構工事・大規模改修管理業務

保有資格:1級建築施工管理技士、1級建築塗装技能士、1級ポリマーセメント防水、1級改質アスファルト防水、外壁1級仕上げ技能者、防水登録基幹技能者、外壁仕上基幹技能者、国際ライセンス サーモグラファーレベル1、監理技術者、職長安全衛生教育、他

関連記事

Contact

Contact

無料相談・現場調査フォーム

施工エリア

仙台市を中心にその他のエリアも施工対応!

東北6県(青森県、岩手県、宮城県、秋田県、山形県、福島県)
および首都圏(千葉県、神奈川県、埼玉県、東京都)

施工エリア