©2024 YUUKI SOUGYOU.

大規模修繕後の「点検」はマスト!チェック方法や依頼タイミングを解説!

マンションやビルなどの建物は、経年劣化により様々な問題が生じます。そのため、定期的な大規模修繕工事が必要不可欠です。しかし、修繕工事を行ったからといって、それで終わりではありません。工事後の点検も、建物の長期的な維持管理において非常に重要な役割を果たします。本記事では、大規模修繕工事後の点検の重要性と、具体的なプロセスについて詳しく解説します。

大規模修繕工事は「長期的なコスト削減」のために重要!

大規模修繕工事は、マンションやビルなどの建物に経年劣化によって生じる様々な問題を修繕し、建物の機能や性能を回復させるために行われる大規模な工事です。

この工事の主な目的は、建物の安全性を確保することであり、外壁のひび割れやタイルの剥がれ、屋上の防水層の劣化などを放置すると、建物の構造に深刻なダメージを与える可能性があります。

また、大規模修繕工事は建物の資産価値を維持・向上させるためにも重要で、適切なタイミングで修繕を行うことで、将来的な売却や賃貸の際に高い評価を得ることができます。さらに、居住者の快適な生活環境を維持するためにも必要であり、外壁の塗装や防水工事、共用部分の修繕や改修を行うことで、居住環境の改善を図ることができます。

大規模修繕工事は建物の長寿命化を図るために欠かせないプロセスであり、定期的な点検と計画的な修繕を行うことで、建物の寿命を延ばし、長期的なコストを抑えることができます。また、耐震補強工事やバリアフリー化工事を行うことで、建物の安全性や利便性を高め、居住者の満足度を向上させるとともに、建物の価値をさらに高めることができます。

建物の寿命を延ばす、主な「点検」の種類とタイミングは?

大規模修繕工事において、点検は非常に重要な役割を果たします。点検を適切に行うことで、建物の劣化を早期に発見し、必要な補修を行うことができます。定期的な点検を通じて、問題を早期に発見し、適切な対策を講じることで、建物の寿命を延ばし、住民の安全と快適な生活を確保することができます。以下に、主な点検の種類とそのタイミングについて詳しく説明します。

1年目点検で「工事の品質」を確認

大規模修繕工事が完了してから1年後に行われる点検です。この点検では、工事後の施工箇所に問題がないかを確認します。具体的には、外壁や屋上、防水処理が施された箇所などを中心に点検が行われます。1年目点検は、工事の品質を確認し、早期に不具合を発見するために重要です。

2年目点検で「新たな問題の発生」を防ぐ

1年目点検に続いて行われるのが2年目点検です。この点検では、1年目点検で発見された問題が適切に修繕されているか、また新たな問題が発生していないかを確認します。特に、外壁のひび割れや防水層の劣化など、目に見えにくい部分の点検が重要です。

5年目点検で「次の修繕計画」に役立てる

5年目点検は、工事完了から5年後に行われる点検です。この点検では、建物全体の劣化状況を再評価し、次の大規模修繕工事の計画に役立てます。特に、外壁や屋上の防水処理、共用部分の設備など、長期間にわたって使用される部分の点検が重点的に行われます。

10年目点検で「次の修繕工事の範囲と内容」を決定

10年目点検は、次の大規模修繕工事の準備段階として非常に重要です。この点検では、建物全体の詳細な調査が行われ、次の修繕工事の範囲や内容が決定されます。特に、外壁の全面打診調査や、給排水設備の点検などが行われます。これにより、次の修繕工事の計画が具体的に立てられます。

建物の状況に応じた追加点検も必要

上記の主要な点検に加えて、建物の劣化状況や使用状況に応じて、適宜追加の点検が行われることがあります。例えば、特定の設備や部位に問題が発生した場合や、法定点検が必要な場合などです。これらの点検は、建物の安全性と快適性を維持するために欠かせません。

以上のように、大規模修繕工事後の点検は、建物の長期的な維持管理において非常に重要な役割を果たします。定期的な点検を通じて、早期に問題を発見し、適切な対策を講じることで、建物の寿命を延ばし、住民の安全と快適な生活を確保することができます。

大規模修繕後の点検「6つ」のステップ!

大規模修繕工事における点検は、建物の安全性と機能性を維持するために欠かせません。ここでは、点検の具体的なプロセスについて、わかりやすく説明していきます。

1. 業者打ち合わせや居住者アンケートで概要を明確に

点検を始める前に、管理組合と施工会社が綿密に打ち合わせを行い、点検日や点検範囲、目的などを明確にしておくことが大切です。また、居住者の皆様にも事前に点検の実施をお知らせし、気になる点があればアンケートなどでご意見を伺っておきましょう。

2. 「共用部」を中心に点検箇所を確認

点検は主に共用部を対象に行われます。廊下のひび割れや劣化、屋上の防水層やドレン周りの状態、ルーフバルコニーの防水層や笠木、外階段の錆や腐食、バルコニーの気になる点などを重点的にチェックします。

3. 目視や打診などの方法で丁寧に点検

点検は、目視やテストハンマーによる打診などの方法で行います。外壁や手すり、避難器具などの劣化や損傷を目視で確認し、コンクリートのひび割れや欠損はテストハンマーで打診して調べます。居住者の皆様からのフィードバックを基に、特定の箇所を重点的に点検することもあります。

また、近年はドローンの活用も注目されています。ドローン点検について、詳しくはこちらで紹介していますので、あわせてご覧ください。

関連記事:「点検 ドローン」

4. 点検結果は「写真付き」の報告書で明確に

点検が完了したら、施工会社は点検結果を写真付きの報告書にまとめ、管理組合に提出します。報告書には、補修が必要な箇所や今後の対策についての詳細が記載されますので、わかりやすく確認できます。

「報告書」については下記の記事で詳しく紹介しておりますので、あわせてご覧ください。

関連記事:「点検 報告書」

5. 補修工事で建物の安全性と機能性を回復

点検結果に基づき、補修が必要な箇所については速やかに補修工事を実施します。補修工事が完了したら、再度点検を行って問題が解決されたことを確認し、安全性と機能性を回復させます。

6. 定期的な点検とメンテナンスで、長期的な維持管理を

大規模修繕工事後も、建物の状態を常に把握しておくために、定期的な点検とメンテナンスを継続することが重要です。1年目、3年目、5年目、10年目などの節目に定期点検を実施し、長期的な維持管理に役立てましょう。

以上のように、点検の具体的なプロセスを丁寧に実施することで、建物の安全性と機能性を維持し、住民の皆様の安心と満足度を高めることができるのです。

点検の結果「補修」が必要!具体的なプロセスは?

大規模修繕工事を成功させるためには、点検結果を詳細に分析し、適切な補修計画を立てることが不可欠です。ここでは、点検結果の分析から工事完了後のフォローアップまでの一連のプロセスについて、より詳しく解説します。

1.優先順位を決め、具体的な補修計画を立案する

大規模修繕工事の点検結果は、建物の劣化状況を把握するための重要な情報源です。外壁のひび割れ、タイルの剥離、鉄部の錆、給排水管の漏水などの劣化症状が確認された場合、その程度や緊急性を評価し、修繕箇所の優先順位を決定することが求められます。優先順位に基づき、具体的な補修計画を立てることで、効率的かつ効果的な修繕工事が可能となります。

2.予算を確保し、信頼できる施工業者を選定する

点検結果をもとに、劣化の種類や程度に応じた適切な修繕方法を選定することが重要です。例えば、外壁のひび割れにはシーリング材の充填、鉄部の錆には防錆塗装などが考えられます。また、修繕工事には多額の費用がかかるため、修繕積立金や追加の資金調達方法を検討する必要があります。さらに、工事の品質を確保するためには、信頼できる施工業者を選定し、適切な発注方式を採用することが求められます。

3.住民説明会の開催と、計画修正による合意形成を行う

補修工事を円滑に進めるためには、住民の理解と協力が不可欠です。工事内容やスケジュール、生活への影響について、事前に住民説明会を開催し、丁寧に説明することが重要です。住民からの質問や意見を真摯に受け止め、必要に応じて計画を修正することで、合意形成を図ることができます。

4.工事開始後は「定期報告」を忘れずに

工事開始後も、定期的な進捗報告や住民からのフィードバックを受け付ける体制を整えることが大切です。工事中に新たな問題が発見された場合は、迅速に対応し、追加の修繕が必要かどうかを判断します。また、工事の進捗や変更点については、理事会や修繕委員会と施工業者が定期的に打ち合わせを行い、情報を共有することが求められます。

5.工事完了後も、定期点検と次回工事に向けた計画見直しを

工事完了後は、定期的な点検を行い、修繕箇所の状態を確認することが重要です。必要に応じて、アフターサービスや保証期間内の補修を依頼します。また、次回の大規模修繕工事に向けて、今回の工事記録を詳細に保管し、長期的な建物維持管理計画を見直すことが求められます。

点検結果をもとにした補修工事の対応は、計画的かつ綿密に進めることが重要です。住民の協力を得ながら、建物の安全性と快適性を維持するための取り組みを着実に実行していくことが、大規模修繕工事の成功のカギとなるでしょう。

建物の長期的な維持管理のためにできること

建物を長期的に維持管理するためには、いくつかの重要な要素があります。まず、定期的な点検とメンテナンスを行い、早期に問題を発見・対処することが必要不可欠です。次に、長期修繕計画を策定し、将来的な修繕のタイミングや費用を予測して計画的に資金を準備することが重要です。また、点検や修繕の記録をしっかりと保管し、関係者と共有することで、建物の履歴を把握しやすくなり、資産価値の維持にもつながります。

信頼できる施工会社や専門家と長期的に付き合い、適切なアドバイスやサポートを受けることも建物の維持管理には欠かせません。さらに、事後保全だけでなく予防保全も積極的に行い、問題が発生する前に予測される劣化や不具合を事前に察知し、対策を講じることで、将来的な修繕コストの削減にもつながります。

これらのポイントを押さえて、計画的かつ継続的に建物の維持管理を行うことが、建物の寿命を延ばし、資産価値を保つために重要です。建物の長期的な維持管理は、オーナーにとって重要な責務であり、適切な対策を講じることが求められるのです。

まとめ

大規模修繕工事後の点検は、建物の安全性と快適性を維持するために欠かせない取り組みです。点検の種類やタイミング、具体的なプロセスを理解し、適切に実行することで、建物の長期的な維持管理に大きく貢献できます。

点検結果に基づく補修工事も、優先順位を決めて計画的に進めることが重要です。住民の理解と協力を得ながら、建物の安全性と機能性を回復させる取り組みを着実に実行していきましょう。

この記事を書いた人

大規模修繕後の「点検」はマスト!チェック方法や依頼タイミングを解説! | 大規模修繕

結城 伸太郎

職歴:27年

得意分野:防水工事・外構工事・大規模改修管理業務

保有資格:1級建築施工管理技士、1級建築塗装技能士、1級ポリマーセメント防水、1級改質アスファルト防水、外壁1級仕上げ技能者、防水登録基幹技能者、外壁仕上基幹技能者、国際ライセンス サーモグラファーレベル1、監理技術者、職長安全衛生教育、他

関連記事

Contact

Contact

無料相談・現場調査フォーム

施工エリア

仙台市を中心にその他のエリアも施工対応!

東北6県(青森県、岩手県、宮城県、秋田県、山形県、福島県)
および首都圏(千葉県、神奈川県、埼玉県、東京都)

施工エリア